読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

※個人の感想です

ギャンブル生活者であるメタボ教授が働かずに生きて行く様子を伝えるブログ

プロ野球のCSの不要論と必要論

プロ野球もCS(クライマックスシリーズ)に突入しました。

毎年この時期になると
「CSは必要か?」
という議論が行われます。

 

プレーオフは元々アメリカのような広大な国土と膨大なチーム数がある場合に必要なシステムです。

アメリカのスポーツはプロもアマも概ね対戦相手や試合数が均一ではありません。

国土が広大ですから、基本的には近くにあるチームとの対戦が多くなります。

かつては勝率だけを比較して全米NO.1を決めていました。

しかし、それだと不公平なのでプレーオフが行われています。

 

一方で日本のプロ野球は試合数も対戦カードも均一です。

シーズンの勝率で優勝を決めても不公平ではありません。

CSをやる必要は本来ないわけです。

CSを導入している理由

言うまでもなく「消化試合の削減」です。

消化試合問題については、どのプロスポーツ団体も頭を悩ませています。

例えばメジャーリーグでは2011年にポストシーズン出場チームを1リーグ4から5に増やしました。

メジャーリーグではシーズン前半にプレイオフ進出が絶望的になると、主力をトレードに出し、替わりに有望若手を獲得するチームが現れます。

下位でシーズンを終えればドラフト指名が有利となるメリットもあるので、無理に勝つ必要はありません。

でも、チームを応援するファンからすれば、面白い話ではないです。

スタンドは閑古鳥が鳴く状態になります。

そこでプレイオフ進出チームを増やしました。

 

一方で日本のプロ野球は12チーム中6チームがポストシーズンに出場出来るので、殆どのチームがペナント終盤までチャンスが残ります。

「シーズン終盤のCS争い」や「CSの試合」はマスコミに大きく取り上げられます。

先日のジャイアンツ✕ベイスターズ戦は地上波放送もありました。

野球の地上波放送は年々少なくなってきています。

地域密着型で集客を伸ばしている以上、全国放送が無くなるのは必然ですが、一般人が野球を目にする機会はあった方がいいです。

 

また、CS反対派が少数である要因として、CSが導入されてもリーグ優勝チームがほぼ日本シリーズに進出している点があります。

 

現行のシステムだとリーグ優勝チームが圧倒的に有利です。

明確なアドバンテージとして

・ホームアドバンテージ

・1勝のアドバンテージ

があります。

また、2位と3位の試合を勝ち上がって来た側はエースピッチャーを消耗していて、現実的には中5日となる第3戦目からしか投入出来ません。

 

現行システムでシーズン2位以下のチームが日本シリーズに出たのは僅かに2例だけです。

 

正直「CSをやる意味があるのかな?」とも思いますが、それくらいリーグ優勝チームが有利なので野球ファンから受け入れられている側面もあります。

「CSはあくまで余興であって、リーグ優勝した広島や日ハムの価値は不変」というのがCS容認派の考えです。

 

個人的な考えとしてはCSは必要であるものの、プレーオフの本来の考え方を尊重すれば、平等な試合数(試合カード)を改善すべきだと思っています。

交流戦の他に「東西戦」もやって試合カードの偏りを生じさせるのがベストです。

CSファイナルの見どころ

やはり実質的な日本シリーズである「日本ハムVSソフトバンク」です。

チート大谷翔平を擁する日ハム、柳田が怪我から復帰してフルメンバーが揃ったソフトバンク、どちらが勝つか正直解りません。

先月の首位攻防戦を見ましたが、普段ベイスターズの試合しか見てない身としてはハイレベル過ぎて震えました。

今回もアツい試合を期待します。

 

一方、広島VSDeNAの見どころは・・・ 明日の第2戦ですかね。

スポーツ新聞の先発予想は
カープが「野村祐輔投手」
ベイスターズが「三嶋一輝投手」となっています。

今年の最多勝投手である野村と、ほぼ2軍暮らしの三嶋とでは格が違いますが、この2人の投げ合いは「遺紺試合」として、一部の野球ファンの間では有名です。

遺紺試合

野村投手はテレビ某京のアナウンサーと付き合っているという報道がありました。

f:id:metabopro:20161012184032j:plain

ところが、紺野アナはベイスターズの三嶋投手とも交際して二股をかけている事が写真週刊誌で取り上げられます。

 

「ミスマリンちゃん」止まりの菅野さんや「熊切あさ美」止まり山田哲人さんに比べれば、『野球選手SUGEE羨ましい』となりますが、二股は二股です。

 

あくまで写真週刊誌の噂だけなので、真相は解りませんが、この両投手が投げあった事が過去に一度だけありました。

2015年4月30日の試合です。 

2人共、気迫あふれるピッチングでした。

 

ざわついたのは2アウトランナー無しで野村投手に打席が回ってきた時でした。

通常ノープレッシャーの場面ですが、三嶋投手はピッチャー相手に三振に取っただけなのにガッツポーズをします。

https://2.bp.blogspot.com/-5vxCsI1kXQ4/V_zmEbbhX-I/AAAAAAAA7YM/IOK01-Q8m0gNdg1DPNrAMxC_s9Ed6WoKACLcB/s1600/061_2.gif

 

 

逆に2アウトランナー無しで三嶋投手が打席に入った時もありました。

野村投手も三振を奪い返して、吠えます

https://4.bp.blogspot.com/-5irVP7H_Tz8/V_zmDH-akZI/AAAAAAAA7YI/apUCLu_H5j4NZBwGbZ5PsN9YTJhtVtfyQCLcB/s1600/061_1.gif

 

これらの様子を見て、「噂はガチ」と察したわけです。

 

白熱した投手戦の結果は
1-0でベイスターズが勝利しました。

 

http://livedoor.blogimg.jp/livejupiter2/imgs/4/a/4a9f20c0.gif

 

言うまでもなく三嶋投手にとっては生涯最高の投球です。

三嶋投手は先日のCSに向けた練習試合で社会人相手に大炎上したそうですが、 ラミレス監督は相性に賭けて、最多勝投手である野村祐輔にぶつけるようです。

明日になって広島側が逃げる可能性もありますが、「遺紺試合第2戦」となれば盛り上がるでしょう。

広告を非表示にする