※個人の感想です

ギャンブル生活者であるメタボ教授が働かずに生きて行く様子を伝えるブログ

競馬で初めて大勝ちした時の話

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

という事ではてなブログのお題記事書いてみます。

 

長年ギャンブルをやっている身ですから、一瞬で100万円を手にした事は何度もあります。

勝つこともあれば負ける事もあるわけですから、何かに使う事はなく、軍資金として残しておくのが正解です。

とは言いつつも、初めて100万円を手にした時には流石に興奮しました。

大学生の時です。

f:id:metabopro:20160706021247j:plain

競馬で超特大の万馬券を取り、110万程になります。

当たった瞬間は身の危険を感じて「嬉しい」という感情よりも「怖い」という感情の方が大きかったです。

ガクブル震えながら馬券を換金して家に持ち帰ってようやく悦に浸れます。

そこでようやく「何に使おうか」と考え始めました。

 

当時は「就職したくない」と考えていた時期です(今もそうですが)

ただ、110万では1年も暮らしていけません。

そこで、就職しない事を賭けた大勝負がしたいと考えました。

その110万をぶっ込んでもう一回当てれば当面は暮らしていけるはずです。

翌週勝負に打って出ます。

勝負した結果

当てる事が出来ました。

ただ、ヒヨって110万ではなく、10万しか張れませんでした。

実際その状況で110万全部張れる人はギャンブル漫画の主人公くらいです。

 

当たっても嬉しくはなく「110万全て張っておけば・・・」と後悔しました。

その後は大きな勝ちに恵まれず、結果的には就職する事になります。

 

今はこう考えています

あれから15年くらい経ちましたが、ギャンブル生活者としての正解は「110万勝とうが掛け金を上げない」事です。

 

何年かに一回は極端な不振が来て、30連敗や40連敗する事があります。

そのため50連敗・100連敗しても破綻しない資金が必要です。

掛け金を上げる事で生活が出来るお金を稼げてもいつかは破綻します。

予想の精度を上げる事により稼ぎ額を増やすのが理想です。

 

今でも競馬で10万円以上張る事はありません。

ただ、あぶく銭で100万手に入れば1度だけ勝負してみたいと思います。

 

自分はギャンブルで生活出来るようになったので脱サラした身です。

ギャンブルの勝ったお金は自分にとってあぶく銭では無いので、ブログであぶく銭を稼げないかと日々頑張っております。

昨年は手持ち全てのブログ収入の合計が100万円を超えましたが、「自分の時給は1500円」と考えればまだまだマイナスです。

今年か来年には時給1500円を超えてあぶく銭扱い出来るくらい稼げればと思います。

広告を非表示にする