※個人の感想です

ギャンブル生活者であるメタボ教授が働かずに生きて行く様子を伝えるブログ

ベッキーCM打ち切り降板騒動における経済損失

有吉
浮気の押し売り
よく見りゃゲス

と散々なベッキーさんですが、やはりCMは打ち切り降板の方向だそうです。

YAHOOニュース様より引用 ベッキーの公式サイトによると、現在出演しているCMは10社。そのうち1社はデイリースポーツの取材に、すでにベッキーの出演している商品のCMを打ち切り、同社の他商品のCMに差し替えることが決定したと明かした。 また、大手コンビニエンスストアチェーン「ローソン」も「今回の騒動を受け、検討中です」と回答し、CMの放映打ち切りを示唆。現在はCMを放送していないものの、イメージキャラクターとして起用している「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険」でも、イメージキャラクターの変更が検討されている。また、他の2社では騒動と関係なく、1月中での放映終了が決定しているという。 CMの途中打ち切りによる違約金等の発生は不明だが、09年に覚せい剤取締法違反で逮捕された酒井法子(44)は、億単位の違約金を請求されたとも報じられた。 ベッキーは7日発売の週刊誌「週刊文春」で、川谷との不倫が報じられた。6日夜の会見では、不倫関係を否定し「友人関係であることは間違いありません」と強調。だが、報道陣の質問には応じず、ファンの間でも「スポンサーへの釈明会見みたい」と疑問の声が挙がっていた。

ちなみにベッキーのCM一覧を調べてみると

  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険
  • NTT都市開発
  • ローソン
  • 東進ハイスクール
  • スタジオアリス
  • 太田胃散
  • 花王
  • ケイ・オプティコム(格安SIM会社)
  • スズキ
  • ソースネクスト

となります。

昔から「CMの女王」と呼ばれていましたが、凄いラインナップです。

経済損失

事務所の先輩である酒井法子さんが捕まった時に失った金額は10億円と言われています。

今回はそれ以上の額になるはずですが、 上記のCM出稿企業を筆頭に日経平均が爆下げなのも注目です。

発覚の翌日の日経平均は前日比-423円と大幅値下がりしました。

ところが
堀北真希さんが結婚した時は-895円
福山雅治さんが結婚した時は-714円
の下げ幅を記録しています。

ベッキーさんの今回の事件はある程度 「織り込み済み(想定内)」だったのでしょうか。

ちなみに近年最強の下げ幅を記録したのは 不倫の大先輩である矢口真里さんです。

前日比-1143円と桁が違います。

株板では
「矢口ヤリーマンショック」
と呼ばれる程のインパクトがありました。

人の不幸は蜜の味とは言われますが、あまり世間の人が知らない所で沢山の株トレーダーがお金を失ったわけ。

そんな中、沢山の銘柄を空売りをしている(株価が下がれば儲かる)メタボ教授は歓喜です(´∀`)。

下衆の極みか鬼畜の所業かよく知りませんが、感謝しなければいけません。

芸能界でもべっきーさんの替わりに 利益を得る人が出て来るはずですが 果たして誰になるでしょうか。

広告を非表示にする